さいたま市送迎保育ステーション



園活ナビゲーター事業を開始したのが平成28年度。

色々と調べていく中で、和光市の取り組みが先進的だなと感じたことを覚えていますが、その際に「こんなサービスさいたま市でもあったら便利だろうな」と感じていたことが、来年度から開始されます。


さいたま市送迎保育ステーションです。


さいたま市のホームページによると、朝は園バスが迎えに来るまでお子さんをお預かりし、幼稚園の園バスを利用して、各幼稚園に送迎。日中は、各幼稚園の特色ある幼児教育を受けながら過ごし、夕方に送迎保育ステーションに到着後は、保護者のお迎えまでお子さんをお預かりすることで、働きながらでも幼稚園が利用できるようになる、ということです。

送迎保育ステーションは、認可保育施設を併設しています。お子さんは、保育園→幼稚園→保育園、と毎日過ごすことになりますね。また、施設では2歳児までのお子さんを受け入れており、卒園後は、送迎保育ステーションを優先的に利用することも可能とのこと。将来送迎保育ステーションを使いたい!と思うご家族は要チェックです。


なるほど!では、どこで利用できるようになるのかな?と確認しましたが

来年度からのスモールスタートということでしょうか、大宮駅西口と浦和駅西口、2箇所とのことです。

また、募集人数も令和4年4月からの利用者については全体で39名。(お申し込みは子育て支援型幼稚園と同様に幼稚園に直接です)

この取り組みが軌道に乗ったら、大宮駅、浦和駅だけでなく、都内への電車通勤の方が多い主要駅で展開されていくことと思います。今後に期待したいと思います。


>>>さいたま市送迎保育ステーション詳細:https://www.city.saitama.jp/003/001/015/001/p082914.html