令和4年度4月には41施設の保育所等が開所となります(予定)



2021年10月1日に、来年度の4月に開所となる保育所等の施設数見込みがさいたま市ホームページに掲載されました。現時点で41施設の見込み、とのことです。


「今年も多いな!」と思ったのが、率直な感想です。

園活ナビゲーター事業がスタートした平成28年前後からは、しばらく年間で大体20施設くらいのペースで増加してきていました。

ところが、昨年度は一気に60施設ほど。この数には当時本当に驚きました。「さいたま市は本気だ!」と。待機児童の解消に本気で取り組んでいるな、と感じました。この取り組みもあって、今年度4月1日時点での待機児童数は11名となったさいたま市。来年度はどうなるのかな?と数字を見守ってきていたところです。


昨年度は、新型コロナウィルス感染症の影響もあり、育休を積極的に延長された方も多かった中での「待機児童数11名」という数字だったのではないか、と分析しています。その方々がおそらく今年は入園申し込みの手続きをされるでしょう。

41施設の開所に伴って、さらに待機児童数が解消となるのか?見守っていきたいと思います。